【AWS入門】Mash式チュートリアル【VPC編 その5~Elastic IPアドレス~】

Mash式AWSチュートリアル VPC編その5 tech

こんにちは、Mashです。

本記事は私自身がAWSをお勉強で触ってみた経験を共有するシリーズ Mash式AWSチュートリアル です。

今回はAmazon VPC編の第5回となります。

今回は Elastic IPアドレス について学んでいきたいと思います。

それではいきましょう!

EC2のパブリックIPアドレスが変わってしまう

AWSのEC2を触ったことがあるかたはご存知だと思いますが、EC2を停止→起動するとパブリックIPアドレスが毎回変わってしまいます

これは、AWSが保持しているグローバルIPアドレスのプールからその都度ランダムに払い出されるからなんですね。

個人の検証目的であれば、EC2起動のたびにパブリックIPアドレスを確認してSSH接続して、、、、としてもいいかもしれませんが、本番サービス環境で毎回IPアドレスが変わってしまってはたいへんです。

そんなときに登場するのが Elastic IP です。

What is Elastic IP?

Elastic IPの基本情報を確認していきましょう。

Elastic IPとは

Elastic IP(EIP)は、ズバリ固定IPアドレスを提供するサービスです。

前述の通り、AWSのインスタンスは標準状態だとパブリックIPが動的に変わってしまいますが、これを固定化したいという要件がある場合に利用するサービスです。

利用料金

サービス内容はとってもシンプルですが、利用料金には要注意です。

Elastic IPの課金体系がわかりづらいのでしっかり覚えておきましょう。

公式ページはこちら

料金

1時間あたり0.005USDとなります。(本記事執筆時点の為替計算で1時間0.52円)

一ヶ月最大で、0.52円 × 24時間 × 30日 = 375円

課金される可能性があるということですね。

課金条件

AWS公式にFAQがあるように、課金条件が少々特殊です。

Elastic IP の料金を理解する
  • 作成したEIPがEC2インスタンスにアタッチ(関連付け)されていること
  • このEC2が起動していること
  • EC2に付与されたEIPがひとつであること

これら3つが揃っていれば課金されません

捉え方を逆にします。

  • 作成したEIPをEC2インスタンスにアタッチしていない状態
  • EIPをEC2にアタッチしていても、EC2が停止している状態
  • ひとつのEC2に2つ以上のEIPをアタッチしている状態

これらどれかひとつでも該当する場合は課金対象となります。

Elastic IPをためしてみる

それではEIPの動作確認をしてきましょう。

Elastic IPを作成

AWS管理子コンソールの VPCへアクセスし、左側メニュー[Elastic IP] を選択します。

画面右上の [Elastic IPアドレスの割り当て] ボタンをクリックします。

EIP割り当てボタン

Elastic IPアドレスの設定画面では、特に設定することはありません。

そのまま [割り当て] ボタンをクリックしましょう

Elastic IPアドレスの割り当て

はい、これでEIPの作成は完了です。

このまま画面右の [このElastic IPアドレスを関連付ける] ボタンをクリックします。

EIP作成成功

EC2へアタッチ

Elastic IPアドレスの関連付け 画面へ遷移します。

EIPをアタッチしたいEC2インスタンスと、関連付けるプライベートIPアドレスを選択して [関連付ける] ボタンをクリックします。

Elastic IPアドレスの関連付け
EIP関連付け成功

これでEC2へのEIPアタッチが完了しました。

確認

それではEIPが付与されたか確認してみましょう。

AWS管理コンソールのEC2ページへアクセスし、EIPを付与したEC2の詳細情報を確認します。

EIP付与確認

EIPがうまく関連付けされていることが確認できました。

また、試しにEC2を何度か起動/停止しても、パブリックIPアドレスが変わらないことも確認できました。

Elastic IPを削除

動作確認が終わりましたので、課金されないようにEIPをリリースしましょう。

AWS管理コンソールVPCページ、左側メニュー [Elastic IP] へアクセスします。

そして、該当するEIPを選択した状態で [アクション] から [Elastic IPアドレスの関連付けの解除] を選択します。

確認画面を一読し、[関連付け解除] ボタンをクリックします。

再度 [アクション] から [Elastic IPアドレスの解放] を選択します。

確認画面が表示されるので、[解放] ボタンをクリックします。

以上でEIPの解放が完了しました。

まとめ

今回はAWSの固定IPアドレスサービスであるElastic IPについての記事でした。

AWSの個人学習ではあまり利用することはない機能ですが、AWS上に外部公開するシステムを展開する場合は必須となるサービスですので、機能の存在はお忘れなく!

今回は以上です。

それじゃあまたね。

タイトルとURLをコピーしました